とびだせ!どうぶ&ati lktvfcrs. интернет-магазин pandoralde;¤ã®æ£® | Tumblr パンドラの歌


パンドラの歌

pandora butik online
pandora armband och charmar
パンドラアメリカ
пандора кет
pandora myynti



NEWS

書籍のご案内

通常のスマートフォン、タブレット、PCでお読みいただけます!


  • top_img01
    www.amazon.co.jp/dp/B00RS6RBQ0
  • top_img02
    www.amazon.co.jp/dp/B019X8WADO
  • top_img02
    amzn.asia/aObjq4Q

好評をいただいている、若手・中堅社員向けの一般スキル研修をそのまま書籍化しました。限られた研修の時間の中では話しつくせない事例や活用法、質疑応答などをできるだけ網羅する為、受講者視点の一人称で記述しています。
また、受講した方や未受講の方、社内で水平展開したい方など、多様なニーズに対応するため、演習の内容や進め方を含めて、研修の流れをそのまま再現しています。
実施をご検討されている研修企画のご担当者様、受講済みの受講者の方、または自己研鑽に励むビジネスパーソンのみなさまに是非おすすめください!

コンサルティングポリシー

こたえは必ずクライアントの中に/たゆまぬ自律的な変化を


クライアントの問題点や欠点を指摘し、「矯正」するための答えを提案する。そういうコンサルティングを行うとなかなか導入がうまくいきません。また、コンサルティング会社の斬新で独自性の高いコンセプトを、そのままクライアントに適用しようとしてもやはり実際の変革にはつながらない。 コンサルタントがクライアントよりも「高い」視点に立ち、クライアントの知らない「何か」を提供しようとしても、クライアントの持つビジネスの経験・知見を網羅しうるわけもありません。無理な提案が、現実性を損なうことも少なくありません。
組織・人事・業務といった、より現場に密着した領域でのコンサルティングに取り組んでいく上で、もっとも重視しているのが以下の二つの原理原則です。


1.クライアント企業とその社員の方々を信頼するところからスタートします。必ず独自の競争優位性を生み出すような「こたえ」がクライアントのどこかにあると信じて探し出す。クライアント自身の中から出てきた「こたえ」が、独自性という点でも、実現性という点でも最適解であるとの確信に基づいてプロジェクトを遂行します。


2.プロジェクトで体系化される解決策だけがプロジェクトのすべてではありません。個人レベルから事業レベルまで、様々なレベルで日々、多様な知見が新たに醸成されているはずです。 クライアント自身が日々、問題を発見し、解決策を見出し、日々の進化・変化に活用していける状態。それがポテンシャル・ディスカバリー・コンサルティングが追求するゴールです。

クライアントのみなさまが、自社のポテンシャルを信じて「こたえ」を探していく道のりを、ご一緒させていただける日を楽しみにお待ちしております。


株式会社ポテンシャル・ディスカバリー・コンサルティング